Top > 地域 > 丸とおむすび型

丸とおむすび型

電車に乗って思い出したことがあります。
ずっと前から思っていたことなのですが、今となってはどの電車のつり革も、座席に対して垂直に取り付けられております。
そして形状はおむすび型のものばかり。
丸形よりもおむすび型の方が握りやすく、また座席に向かって立った時に腕を捻らず済むように考えて取り付けられているようです。
けれど私は昔ながらの丸形で、座席に対して水平に取り付けられているつり革の方が断然良いのです。

丸形のつり革の場合、私は輪に腕を通しその先革の部分を握る。というような特徴的な握り方をします。
この握り方だと、電車が揺れても身体は安定しやすい。疲れれば指は軽く引っかけておくだけでも手は固定されています。

おむすび型のつり革ではどうしても下端を掴む以外になく、電車が揺れればその分身体も不安定になるのです。

今はこのような丸形のつり革が取り付けられている電車は皆無に。
たしかに握るなら丸形よりもおむすび型の方が握りやすいですが、手を通すのは難しいのでこのような握り方はできません。

些細なことなのですが、少々残念です。 
大晦日ということで不要なものを処分しています。
ブランディアのクチコミが悪くないようなので査定に出してみようかと思います。
来年はスッキリ断捨離挑戦します!

地域

関連エントリー
日当たりキレイモ銀座店に通ってVIO脱毛をして生理の時の不快感が軽くしたい丸とおむすび型テスト